アメリカでレミケード

アクセスカウンタ

zoom RSS 7回目のレミケード

<<   作成日時 : 2009/08/04 04:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
7月24日に、投与に行ってきた。

診療所へは、高速道路で約1時間の距離だ。車社会のアメリカでかつ田舎暮らしだと、高速道路1時間は移動としてそれほど遠い距離ではない。

前回の投与で、医師と少し話したところ、万一副作用が出た場合などを考えて、元気なときでも、できれば妻(=セカンドドライバー)と一緒に来た方がよいというアドバイスをもらった。

現在、車は1台しかないので、私が1日車を使うと、妻は語学学校を休まねばならず、娘はプレスクールを休まねばならない。どのみち時間が空いているので、一緒に言っても良いということになり、今回は、妻と、4歳になる娘と3人で診療所へ。

妻と娘は、レミケードの投薬時間(約3時間)、じっと待っているわけにも行かないので、診療所近くにある、日系の美容院へ髪を切りに行った。

さて、レミケードの投与だが、前回は、看護士さんが休みだったので、先生がじきじきに点滴してくれたが、今回は看護士さんに処置をしてもらった。

3時間かけて落とすということだったのだけれど、点滴を指した場所が腕の関節近くだったためか、腕の伸ばし方によって点滴のスピードが安定せず、2時間弱で点滴が終わってしまった。何もなかったので結果オーライなのだが。

最初に点滴を落とし始めてから、30〜1時間は、忙しくてだれもチェックに来ない。今度から、もし速く落ちているのに気づいたら、大きな声でだれか呼ぶようにした方がよさそうだ。

点滴の後、今回は診療費を前回分とまとめて支払い、待ちかねていた、診療報酬明細書と領収明細書を5月と7月の2回分まとめて書いてもらった。これで、療養費請求の手続きに入ることができる。

今回9週あけて異常がなかったので、次回は10週あけてはどうかと医師に言われた。一度はこれで予約したが、妻と相談すると、語学学校の都合上9週目の方が都合が良いということになった。それで、結局、次回は9月25日に予約した。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7回目のレミケード アメリカでレミケード/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる