アメリカでレミケード

アクセスカウンタ

zoom RSS 9回目のレミケード

<<   作成日時 : 2009/12/09 05:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
先週末の土曜日に、9回目のレミケードを投与してきた。しかし、その前に新型インフルエンザワクチンの話。

カリフォルニアでは10月末くらいからワクチンの投与が始まっている。妻と話し合い、ワクチンはレミケードを投与してもらっている診療所に頼むことにしていた。診療所からは、申し込みはワクチンが届いてからといわれており、予約を取るために妻がほぼ毎週連絡を取っていた。

先週電話すると、ようやく届いたのだが、数がかなり少ないとのこと。私が基礎疾患があるので、我が家は優先順位は高いがまだどうなるか分からないといわれた。もし打てるようなら、レミケードで来院したときに打ちましょうということになった。

診療所までは高速道路で1時間。レミケードの副作用が万一出た場合の帰りの運転に備え、妻は毎回私に同行してくれている。娘を放っておくわけには行かないので、先週土曜日も一家で診療所へ向かった。

診療所につくと、ワクチンを打てるという。娘と妻が先にワクチンを打った。アメリカのテレビニュースでよく流れている鼻から投与するワクチンではなく、注射による投与だった。妻と娘は、レミケード点滴中の時間をつぶすために、妻の美容院へ出かけた。

私は、まず検査用の血液を採取され、それからいつもどおり点滴を始めてもらった。その後私もワクチンを打ってもらった。ワクチンの投与を待っている他の患者さんには申し訳ないが、まずは投与を受けられて良かったと安心している。

レミケードの方は、今回から、点滴のスピードを制御する簡易のコントローラーがついた。コントローラーは日本で使っていた電子式ではなかったが、最初に速く落とし過ぎないようにするにはこれで十分機能していた。今回も、副作用などの問題はなく点滴が終了した。

今回は、前回からの間隔を10週に拡げた。8週目以降、一度外食したあと少し調子が悪くなったが、その後持ち直し先週は全く下痢もなかった。10週間隔でも問題なさそうだった。次回も10週あけて、2月13日に予約した。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9回目のレミケード アメリカでレミケード/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる