アメリカでレミケード

アクセスカウンタ

zoom RSS 2年半ぶりのレミケ・その後の経過

<<   作成日時 : 2013/06/25 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、2年半ぶりにレミケードを打ち、効きそうな予感がしたところまで書いた。

たしかに、投与翌日は、ここしばらくない空腹感を味わった。しかし、二日目の夜くらいから腹鳴。そして三日目に腹痛。四日目に食欲がなくなり二食をエレンで済ませた。もしや、レミケのために狭窄がひどくなったのか???

しかし、五日目には急回復し、再び三食食事ができた。六日目以降は、食欲もあり、投与翌日ほどではないにしろ、レミケの効き目があるように感じている。

状態が回復したことからすると、腹鳴・腹痛は、単なる腫れによるものだったのだろう。状態悪化の原因がレミケと関係するかは、今のところまだ分からない。

現在は一週と四日経過したところ。四日後には再開後2回目(通算18回目)のレミケード点滴のため病院に行く予定。経過を主治医に報告し、レミケ継続を判断してもらうことになるだろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2年半ぶりのレミケ・その後の経過 アメリカでレミケード/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる