アメリカでレミケード

アクセスカウンタ

zoom RSS レミケード 再開2回目

<<   作成日時 : 2013/07/24 17:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

レミケードを再開したものの、やや不安定で今後どうなるかというところまで書いた。結局、前回の記事の後、再び3日間程度つづく腹痛があった。初回から2回目までのレミケード投与の間の2週間に、3日間×2の腹痛があったことになる。

主治医に、早めにイムランの併用を開始することになるかもしれないと告げられた。しかし、とりあえず今回はレミケードだけで様子を見ることになった。2回目と3回目の間は1月ある。その間もし不安定だった場合に何とかやり過ごすため、エレンタールとフラジールを補充してもらうことにした。

再開初回のレミケードでは特に副作用の問題はなかったが、2回目には少しだけ蕁麻疹らしきものが出た。点滴をゆっくり落としているときは問題なかったが、250mL/hで落としはじめたとき、両手に3〜4か所くらい。

ちょっとかゆかったが大したことなかったので、特に看護師には訴えなかった。熱や血圧にも大きな変化はなかった。次回の診察で主治医に話すつもりである。

レミケードの投与の翌週、やはり3日間程度腹痛があった。1日エレンタールでしのいだら痛みは和らいだ。その後1週間程度調子が良かったが、3週目にまた腹痛が3日間程度あった。エレンタールでしのぎ、また復活して、今日に至っている。懸念したほど調子は崩れなかったものの、やはり安定しているとは言えなかった。

しかし、その一方で、仕事や、週末の行事は、普通にこなしており、疲れやすくて困るというようなことはなかった。体重は、年初からは2キロほど痩せたが、レミケード再開してからは、特に体重の変化はない。現在58キロである。

今週末には、再開後3度目のレミケード投与がある。今度から倍量投与することになっている。副作用の蕁麻疹が少し心配だ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レミケード 再開2回目 アメリカでレミケード/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる